美容外科と整形外科と形成外科

看護師美容外科というのは、主に美容整形や豊胸手術、わきが治療、永久脱毛、二重まぶた、脂肪吸引などの仕事を行います。元々美容外科という診療科は、形成外科から派生したようなものです。形成外科というのは、主に火傷などによって障害された皮膚を元の状態に戻すなどの業務を行い、皮膚科に近い領域です。

一方、名前の似ている整形外科では、骨や筋肉、脊椎などの障害を対象としています。このように名前の似ている領域が多いため、受診する際には注意が必要です。これらの業務は目的も違います。美容外科の目的というのは、より美しくということです。形成外科の目的は、元に戻すことです。

整形外科の目的は、見かけではなく運動機能の改善です。美容外科と間違って、整形外科を受診してしまっては非常に恥ずかしいと思います。私の友人にも、実は美容整形と整形外科を間違って受診した人がいました。診療科を訪れる際は、ある程度の医療の知識も必要ではないでしょうか。

美容外科を利用して美しくなる人急増中です

最近では美容整形の技術もとても高く、またその美容外科の力で美しくなろうとする人も急増しています。特に最近は綺麗なまま年齢を重ねたいという美意識の高い女性が増えています。世間では美魔女という言葉もよく使われるようになっているので、もちろんご存知の方も多いのではないかと思いますが、40代50代になっても美しさや若さをキープされている女性のが増えています。

その影に美容外科という強力なサポーターもいることを知って頂きたいと思います。美容外科では若返りの手術、若返りのサポートになるようなタルミとり、シミとり、脂肪吸引、豊胸手術などがとても盛んに行われていて、美魔女世代からは絶大な人気を誇っています

一昔前の時代では美容外科といえば整形、若い女性がもっと美しくなりたいと考えるような世界でしたが、現代はまた時代が変わってきてアンチエイジング系の美容外科が流行しているという訳なんです。もしあなたも鏡に映る自分の顔に自信が持てなくなっているようでしたら、一度美容外科という選択も視野に入れてみることをお勧めします。

美容外科の得意分野を見極める

テレビコマーシャルなどで宣伝を見ない日がない美容外科ですが、よく知っているようでも知らないのが、その病院がもっとも得意としている診療科目はなにかということです。美容外科の診療科目にはプチ整形から脱毛、脂肪吸引など多岐にわたる項目がありそれぞれ人気のある手術だと宣伝されています。

探す自分がどの施術を受けたいのか、どの病院がその施術を得意といているのかを見極めるには、それぞれの美容外科で実際に施術を体験した方の評価を参考にするのが一番です。きちんと細かなところまで相談に乗ってくれているか、手術した際のリスクについて説明がなされているか、不安要素を取り除く努力をスタッフがしてくれているかなどは確認しておいた方が安心できます。

アフターケアについての批評も確認がとれるとよりよい美容外科を見つける参考になります。さらにドクターがブログなどを行っている場合、その書き込みをチェックする方法も有効です。自身が得意な分野の施術については多くの書き込みをしているものなので、判断がしやすいです。

美容外科ではモニターを募集していることが多い

美容外科で美容整形を行うと、なりたい自分になることができ、これまでの人生とはまた違う自分に出会うことができるために、挑戦してみたいと感じる人は多いです。近年、美容整形の技術は非常に高くなってきており、安くなってきているとも言われています。しかし、まだまだ一般の人には価格が高く感じる美容整形内容がほとんどです。

しかし、美容整形を行うことで人生が変わる人も多いので諦めてしまうのはもったいないです。美容外科では定期的にモニターを募集していることが多いです。モニターを利用すると通常価格よりも安い価格で美容整形を行うことができます。モニターになると多くの人に自分が美容整形を行ったことがばれてしまうのではと不安な人も多いです。

顔のパーツの二重術などの場合には目を写真に写すことはあります。しかし、他のパーツの部分の美容整形であるなら顔が映ることはほとんどないので利用してみるのもよいでしょう。モニターを利用したい人は、美容外科のホームページで定期的に募集している事もあるので定期的にチェックしておくとよいでしょう

脂肪注入法による豊胸手術

豊胸手術には様々な方法があります。インプラントやプロテーゼなどの人工バッグをバストへ挿入する方法、バストに特殊な光を照射し、脂肪細胞を拡張させる光豊胸ヒアルロン酸を注入する方法などです。また、近年注目されている豊胸手術に、脂肪注入法とよばれるものがあります。

胸脂肪注入法とは、自分の身体の必要のない部分の脂肪を吸引し、バストへ注入する手術です。脂肪注入法は、バストに異物を挿入する手術と違い自分自身の身体の余っている脂肪を注入するため、異物反応がなく安全性が高い手術です。自然な形や感触のバストを手にいれることができ、レントゲンにも写りません。

メスを使用せず、注射で脂肪を注入するため、傷跡がほとんど残らないという点も脂肪注入法の魅力です。脂肪吸引で部分痩せを行うと同時にバストアップもできる、一石二鳥の豊胸手術です。お腹のお肉が気になっている人などにはとても嬉しい施術と言えます。バストアップしたいけれど、異物を入れることには抵抗がある人や、安全な施術を望んでいる人にオススメの豊胸手術です。

 

メスを使わない豊胸手術

豊胸手術といえば胸にシリコンバッグを挿入するという方法が一般的です。より大きな胸の形を手に入れられるというメリットがありますが、シリコンバッグは経年劣化してしまうので追加手術が必要であったり、破裂や合併症などのリスクがあります。またメスを使っての手術となるため、バストアップしたいけど躊躇してしまう人も多いと思います。

最近ではメスを使わない豊胸手術がとてもよく選ばれています。脂肪注入法という自分のお腹や太ももなどのいらない脂肪を吸収してバストに注入する方法は、自然なバストアップが望める上に余分な脂肪を除去することができるというメリットがあります。

また、ヒアルロン酸を注入する方法もあります。これは顔のプチ整形などにも使われる安全性の高い物質ですし、他の方法に比べて料金もリーズナブルです。1つだけデメリットを上げるとしたら、数年程度で体に吸収されてしまうので効果は一時的なものということです。ですが痛みが少ない、日帰り手術で行うことができるというお手軽さで多くの女性に選ばれています。今年の夏は海に行く回数が多いから、露出をしたい時期だからなど理由はさまざまだと思いますが、一時的に胸大きくしたい人に人気のある施術になっています。

豊胸手術の平均費用とは

胸にコンプレックスを持っている女性の方は多いと思います。私も小さい胸を何とかしようとマッサージなどを試みましたが、思ったほどの効果はありませんでした。どうしても胸のコンプレックスを解消したい方は豊胸手術を考えると思います。豊胸手術には色々な手術方法があるので、それにより費用の相場も違うようです。

医師まず、大幅にバストサイズがアップするプロテーゼ法ですが、挿入するバッグにより費用が変わります。生理食塩水を使用した方法は平均70万円から100万円ほどが相場のようです。また、同じプロテーゼ法でもシリコンを使用したものですと80万円から100万円が平均です。自分の脂肪を吸引し注入する脂肪注入法の費用は吸引と注入の費用、合わせて60万円から80万円が相場です。

しかし、脂肪を吸引する箇所により値段は変わってくるそうです。プチ整形と呼ばれ若い世代に人気のあるヒアルロン酸注入による豊胸手術は、1㏄4000円から5000円ほどが相場のようです。入れるヒアルロン酸の量により費用も変わってきます。

このように豊胸手術の費用はその方法によって金額も大きく変わってきます。施術後の胸の触り心地やアフターケア方法など、それぞれの方法によって異なります。自分の理想とする胸について事前にしっかり考えておくようにしましょう。不明な点は医師とのカウンセリング時に明確にしておくようにしましょう。

脂肪吸引の失敗

美容業界の闇脂肪吸引は失敗の少ない施術としても人気があります。しかし失敗がないことではなく、比較的少ないということであり失敗例もいろいろあります。ではどのような失敗例があるのでしょう。特に内出血を知らずに帰してしまって出血多量で亡くなったなど、そのような特殊な失敗ではなく、ときどき起こる失敗について考えてみましょう。

まず左右のバランスが不自然になるというものがあります。例えば太ももの脂肪吸引をしたところ、左右の足の太さが不自然に違ってしまうというようなものです。他にも凸凹ができてしまい、異常にへこんでしまうことがあります。

また脂肪吸引の効果によって脂肪が減ったために、今まで張っていた皮膚がたるんでしわしわになってしまうことも。おしりなども多く脂肪を取ると、たるみが二重になったりすることもあるようです。また傷跡が目立つということもあるでしょう。もちろん傷跡はだんだん消えていくものがほとんどですが、人によっては意外と長く治らないことも。そのため目立たないところから吸引するようになります。

しかしこのような失敗には、脂肪吸引のしすぎがほとんどの原因となります。つまり医師の検討違いということにもなるのです。こうなってしまうと修正をしなければなりませんが、できるだけ早いうちに行うことが必要になります。

しかし失敗した医師にまた修正を行ってもらうのもちょっと考えてしまいます。そのため失敗を請け負う病院もありますが、医師によっては脂肪を注入するなど、より失敗が大きくなる可能性のあります。最初からそのようなことがないように、医師を選ぶことはとても重要なことなのです。

脂肪吸引と溶解注射

メスを使わないで脂肪を落とすという施術では脂肪吸引の他にも脂肪融解注射というものがあります。これらどちらも一長一短があるので比べてみましょう。まずどちらもメスを使わない施術なのでとても気楽にできるのではないでしょうか。特に脂肪融解注射の場合は注射をするだけでOKなのです。

ただし脂肪吸引は一回の施術ですが脂肪融解注射の場合は何回か打つことが必要となります。そのかわり脂肪吸引ではとても苦手な筋肉と絡んだ脂肪や、骨の近くの脂肪も脂肪融解注射では落とすことができるのです。脂肪吸引では脂肪の付き方によってはできないところもあります。顔でも鼻の付近などはとても難しく、できたとしても料金はとても高いものになります。

そして両方とも一生脂肪がつかないことはなく、また元に戻ることもあるので注意が必要です。また脂肪吸引はある程度、摂りたいところを狙って吸引しますが、脂肪融解注射の場合は自然任せという部分もあり、自然に脂肪が反応をして溶けた状態しか望めません。

このようにどちらも一長一短があるので、自分にあった方法を医師と相談して行うようにしなければなりません。そしてどちらも安全の高い施術と言われていますが、思ったようになるとは限らず、失敗もないとは言い切れないことも知っておきましょう。

脂肪吸引や溶解注射はセルライト除去にも効果あり

セルライトとは、血液やリンパの流れが滞ったことで皮下脂肪に老廃物が溜まってできる固まりのことです。セルライトができた皮膚は表面がでこぼこし、ひどい場合は柑橘類の皮のようになります。体型に関係なく、思春期を過ぎた大多数の女性にはある程度のセルライトができています。代謝が衰える更年期以降はさらに出やすくなります。

セルライト腹部、大腿部、臀部な、ふくらはぎ、二の腕など脂肪が付きやすい部位に現われ、見た目にはわからなくても皮膚の表面をひねってみるとセルライトが浮かびます。医学界では特に問題視しない傾向がありますが、美容業界(美容外科を含む)ではセルライトは体内環境の悪循環を引き起こす原因と考えます。セルライトが溜まってくると代謝が衰えてますます冷えがひどくなり、病を引き起こす原因になりかねないのです。

セルライト除去を目指してケアすれば肌に艶が戻り、病気を引きつけにくい体質にもなれます。手早くセルライト除去できるのは脂肪吸引や脂肪溶解注射、レーザー治療などがあります。超音波器具や専門的なマッサージを施術するエステも効果があります。最も手軽にお金をかけずセルライト除去できるのはセルフケアを継続して行うことです。ローラー器具や専用クリームを使ったリンパマッサージ、心拍数を上げないストレッチが有効です。海藻などフコイダンを含む食材やサプリメントもセルライト除去に補助的役割を果たしてくれます。