脂肪注入法による豊胸手術

Pocket

豊胸手術には様々な方法があります。インプラントやプロテーゼなどの人工バッグをバストへ挿入する方法、バストに特殊な光を照射し、脂肪細胞を拡張させる光豊胸ヒアルロン酸を注入する方法などです。また、近年注目されている豊胸手術に、脂肪注入法とよばれるものがあります。

胸脂肪注入法とは、自分の身体の必要のない部分の脂肪を吸引し、バストへ注入する手術です。脂肪注入法は、バストに異物を挿入する手術と違い自分自身の身体の余っている脂肪を注入するため、異物反応がなく安全性が高い手術です。自然な形や感触のバストを手にいれることができ、レントゲンにも写りません。

メスを使用せず、注射で脂肪を注入するため、傷跡がほとんど残らないという点も脂肪注入法の魅力です。脂肪吸引で部分痩せを行うと同時にバストアップもできる、一石二鳥の豊胸手術です。お腹のお肉が気になっている人などにはとても嬉しい施術と言えます。バストアップしたいけれど、異物を入れることには抵抗がある人や、安全な施術を望んでいる人にオススメの豊胸手術です。

 

メスを使わない豊胸手術

豊胸手術といえば胸にシリコンバッグを挿入するという方法が一般的です。より大きな胸の形を手に入れられるというメリットがありますが、シリコンバッグは経年劣化してしまうので追加手術が必要であったり、破裂や合併症などのリスクがあります。またメスを使っての手術となるため、バストアップしたいけど躊躇してしまう人も多いと思います。

最近ではメスを使わない豊胸手術がとてもよく選ばれています。脂肪注入法という自分のお腹や太ももなどのいらない脂肪を吸収してバストに注入する方法は、自然なバストアップが望める上に余分な脂肪を除去することができるというメリットがあります。

また、ヒアルロン酸を注入する方法もあります。これは顔のプチ整形などにも使われる安全性の高い物質ですし、他の方法に比べて料金もリーズナブルです。1つだけデメリットを上げるとしたら、数年程度で体に吸収されてしまうので効果は一時的なものということです。ですが痛みが少ない、日帰り手術で行うことができるというお手軽さで多くの女性に選ばれています。今年の夏は海に行く回数が多いから、露出をしたい時期だからなど理由はさまざまだと思いますが、一時的に胸大きくしたい人に人気のある施術になっています。

豊胸手術の平均費用とは

胸にコンプレックスを持っている女性の方は多いと思います。私も小さい胸を何とかしようとマッサージなどを試みましたが、思ったほどの効果はありませんでした。どうしても胸のコンプレックスを解消したい方は豊胸手術を考えると思います。豊胸手術には色々な手術方法があるので、それにより費用の相場も違うようです。

医師まず、大幅にバストサイズがアップするプロテーゼ法ですが、挿入するバッグにより費用が変わります。生理食塩水を使用した方法は平均70万円から100万円ほどが相場のようです。また、同じプロテーゼ法でもシリコンを使用したものですと80万円から100万円が平均です。自分の脂肪を吸引し注入する脂肪注入法の費用は吸引と注入の費用、合わせて60万円から80万円が相場です。

しかし、脂肪を吸引する箇所により値段は変わってくるそうです。プチ整形と呼ばれ若い世代に人気のあるヒアルロン酸注入による豊胸手術は、1㏄4000円から5000円ほどが相場のようです。入れるヒアルロン酸の量により費用も変わってきます。

このように豊胸手術の費用はその方法によって金額も大きく変わってきます。施術後の胸の触り心地やアフターケア方法など、それぞれの方法によって異なります。自分の理想とする胸について事前にしっかり考えておくようにしましょう。不明な点は医師とのカウンセリング時に明確にしておくようにしましょう。