Monthly Archives: 1月 2017

脂肪吸引の失敗

脂肪吸引は失敗の少ない施術としても人気があります。しかし失敗がないことではなく、比較的少ないということであり失敗例もいろいろあります。ではどのような失敗例があるのでしょう。特に内出血を知らずに帰してしまって出血多量で亡くなったなど、そのような特殊な失敗ではなく、ときどき起こる失敗について考えてみましょう。

まず左右のバランスが不自然になるというものがあります。例えば太ももの脂肪吸引をしたところ、左右の足の太さが不自然に違ってしまうというようなものです。他にも凸凹ができてしまい、異常にへこんでしまうことがあります。

また脂肪吸引をして脂肪が減ったために、今まで張っていた皮膚がたるんでしわしわになってしまうことも。おしりなども多く脂肪を取ると、たるみが二重になったりすることもあるようです。また傷跡が目立つということもあるでしょう。もちろん傷跡はだんだん消えていくものがほとんどですが、人によっては意外と長く治らないことも。そのため目立たないところから吸引するようになります。

しかしこのような失敗には、脂肪吸引のしすぎがほとんどの原因となります。つまり医師の検討違いということにもなるのです。こうなってしまうと修正をしなければなりませんが、できるだけ早いうちに行うことが必要になります。

しかし失敗した医師にまた修正を行ってもらうのもちょっと考えてしまいます。そのため失敗を請け負う病院もありますが、医師によっては脂肪を注入するなど、より失敗が大きくなる可能性のあります。最初からそのようなことがないように、医師を選ぶことはとても重要なことなのです。